◎アンサンブルノワイエ プロフィール

アンサンブルノワイエは、2015年東御市文化会館サンテラスロビーコンサートの出演を機に、トランペット蓬田奈津美、サクソフォーン山本直哉、ピアノ町田莉佳の3人で結成いたしました。
東御市・上田市出身のメンバーは小諸高等学校音楽科を卒業後、東京藝術大学・桐朋学園大学の各音楽大学にて学び、現在は関東と長野県内を中心に、フリーランスの演奏家として活動をしています。

グループ名のノワイエはフランス語で《くるみ》という意味です。生まれ育った地域の名産である《くるみ》にちなんでいます。地元を愛し、地元に愛されるグループを目指し活動をしています。

2015年のグループ結成以降、「サンテラスロビーコンサート」「サンテラスふれあいコンサート」「アンサンブル ノワイエ みんなの!ワクワクコンサート」等の出演。
演奏曲のレパートリーはこの編成のために書かれたオリジナル作品の他、クラシック・ポップス・歌謡曲など様々なジャンルにわたります。アンサンブル・ノワイエならではの演奏会はお客様から様々な反響や暖かい応援をいただいています。

◎メッセージ

この度は、大変な状況の中でこのような演奏の機会をいただけたことを大変嬉しく思っています。
コロナウイルスが猛威を奮い、世界中で『当たり前だった何気ない日常』が奪われてしまいました。その影響は社会にも現れ、現在も様々な形でその状況に苦しめられている方、闘っている方、耐えている方もいらっしゃるかと思います。
私たち演奏家が出来ることは、やはり皆様へ音楽をお届けすることです。
今回は映像でお届けする形でではありますが、私たちの心の拠り所である故郷で演奏ができる喜びと、音楽が皆様にとって少しでも心の安らぎとなるよう願いを込めて演奏させていただきます。

これから『withコロナ』の時代が始まっていくと思います。いつの日かまた、安心して生演奏をお楽しみいただける日が来るよう、私達も模索しながら活動を続けて行きたいと思っています。
皆様に笑顔でお会いできる日を楽しみにしております。

アンサンブルノワイエ一同


◎プロフィール

蓬田奈津美 Yomogida Natsumi(トランペット)

東御市出身。東御市立東部中学校卒業。9歳よりトランペットを始める。長野県小諸高等学校音楽科を経て東京藝術大学卒業。卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。 同校学内オーディションにより平成27年度藝大室内楽定期演奏会に出演。第12回チェジュ国際コンクールにて金管5重奏部門第1位を受賞。 これまでにトランペットを神代修、上田仁、閏間健太、栃本浩規、佐藤友紀、古田俊博、菊本和昭の各氏に師事。室内楽を栃本浩規、五十畑勉の各氏に師事。

山本 直哉 Yamamoto Naoya (サクソフォーン)

10歳よりサクソフォーンを始め、長野県立小諸高等学校音楽科、東京芸術大学で学び、高校在学中に第8回くらしきジュニアサクソフォーンコンクール2位受賞。 長野県新人演奏会に出演。第9回サンハート・アンサンブル・オーディション室内楽の部で優秀賞受賞。現在はフリーランスの奏者として関東、長野県を中心にソロ、室内楽、吹奏楽、指導の活動を行っている。 オーティス・マーフィー、アルノ・ボーンカンプ、ミーハ・ロギーナ各氏のマスタークラスを受講。 これまでにサクソフォーンを小山弦太郎、大城正司、林田祐和、須川展也、室内楽を有村純親、林田祐和の各氏に師事。 トランペット、サクソフォーン、ピアノの異色ユニット「アンサンブル ノワイエ」メンバー。 シナノサクソフォーンカルテットバリトンサックス奏者。 東京サクソフォーンオーケストラ副団長。

町田莉佳 Machida Rika 
(ピアノ)

上田市出身。桐朋学園大学音楽学部附属「子供のための音楽教室」長野教室を経て、長野県小諸高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部卒業。現在、同大学大学院音楽研究科修士課程に在学中。
これまでに、ピアノを岡部由美子、深沢雅美、江澤聖子、玉置善己の各氏に師事。2台ピアノを石岡久乃、加藤真一郎の各氏に師事。
第21回日本演奏家コンクールアンサンブル部門第3位、第35回愛知ピアノコンクール2台ピアノ部門金賞受賞。松本市文化ホール新人演奏会出演。
東京と長野を中心に、伴奏、ソロ、デュオなど演奏活動を行っている。
また「6月の音楽会」と題した小諸高校卒業生によるコンサートを主催し、上田市で開催している他、演奏会の企画運営等にも携わり活動を広げている。
トランペット、サクソフォーン、ピアノの異色ユニット「アンサンブル ノワイエ」メンバー。U演奏家協会会員。


[バレエ「眠れる森の美女」より ワルツ (作曲:P.I.チャイコフスキー)]

 「眠れる森の美女」はチャイコフスキー作曲の三大バレエのひとつです。
このワルツはディズニー映画「眠れる森の美女」中で「いつか夢で」というタイトルで歌われる曲です。
オーケストラによる豪華な音楽と、バレエで華やかに踊られる1曲です。
今回の演奏では、トランペット、サクソフォーン、ピアノの編曲で演奏いたします。

[イージーウィナーズ/The Easy Winners (作曲:S. ジョプリン)]

イージー・ウィナーズはアメリカのラグタイム王と呼ばれる、スコット・ジョプリンが作曲しました。ジョプリンの作品には他に「エンターテイナー」などがあります。
この曲はテーマパークなどでも流されていて、軽快なリズムと楽しげなメロディーが印象的です。
アンサンブル・ノワイエオリジナルのアレンジでお届けいたします。

[トリッチトラッチ・ポルカ/Tritsch-Tratsch-Polka(作曲:J.シュトラウス)]

オーストラリア、ウィーンで活躍した作曲家のヨハン・シュトラウス2世によって作曲されました。
タイトルの「トリッチトラッチ」とは、”女性のおしゃべり”という意味があり、貴族の女性達が噂やおしゃべりを歌う、騒がしくも軽快なポルカです。

撮影日:令和2年10月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です