【ロビーコンサート】パーカッション・トリオ【ブルートーン】 

【ロビーコンサート】パーカッション・トリオ【ブルートーン】

パーカッション・トリオ【ブルートーン】より

 この度は、パーカッション・トリオ【ブルートーン】を、この配信ライブのステージに立たせてくださったことに深く感謝申し上げます。
 新型コロナウイルス感染拡大が始まって演奏会が全くできなかった頃、音楽家としての役割を果たせぬことで絶望感を味わいましたし、目の前のお客様に喜んでいただけることがどれほどの喜びであるか、思い知った2020年であったと思います。最近では少人数のお客様の前で演奏できる機会を得られるようになってきましたが、まだまだ以前と同じようにコンサートを開くことができない状況が続きそうです。
 しかし、動画配信や無観客ライブ等、新たな活動の方法を模索することもできました。そんな中このJS文化フォーラムの企画は、ホールで行うことで臨場感が抜群にありますし、素晴らしいスタッフと機材により音質や画質がとても美しいことが過去の配信からわかっておりましたので、演者としましてはかなり幸せな状態で収録することができました。
 また、和太鼓を使用するにあたり、地元太鼓集団から締太鼓をお借りしたり、ホールの貴重な長胴太鼓を出していただく等、特殊な環境を整えていただき、おかげでストレス無く演奏に臨むことができました。
 災害時の直後は常に、音楽家の無力さを痛感します。しかしやがて音楽並びに他の芸術が人々の生活にとって必要不可欠な存在であることが認知されていきます。
 この配信ライブが、少しでも皆様に楽しんでいただけるのであれば幸いです。

【荻原松美さんより】
 この【ブルートーン】の結成は、約6年前。私としては、尊敬できるピカイチのプレーヤーと一緒に演奏し、自分の技術も高めていけるユニットを作りたいという想いが以前からありました。木次谷さんのマリンバ、服部さんのパーカッションやビブラフォンの演奏には、打楽器の世界を一つ上に「押し上げた」というインパクトを受けておりましたので、お二人に声をかけさせていただき、結成となりました。
 今回の配信でも、その一面を感じていただけるのではないかと思います。これをきっかけにお見知りおきいただけたら幸いです。

パーカッション・トリオ【ブルートーン】プロフィール

荻原松美(おぎはらまつみ)

 長野県東御市出身。国立音楽大学卒業。大学在学中に「シエナ・ウインド・オーケストラ」のオーディションに合格し、入団。現在に至るまで、同楽団の打楽器奏者として活動。
 フルート・ピアノ・パーカッションのアコースティック・トリオ「賛美音」メンバー。他に、オーケストラのエキストラプレーヤーとして、また、上野信一&パーカッショングループ“PHONIX”のメンバーとしても活動。
長野県小諸高等学校非常勤講師、尚美ミュージックカレッジ専門学校、各非常勤講師。
「イノベイティブ・パーカッション」、「エバンス」、「CANOPUS CONCERT SERIES」のエンドーサー。
ホームページ https://www.perc-ogihara.info/

木次谷 紀子(きじやのりこ)

 国立音楽大学附属音楽高等学校普通科を経て国立音楽大学打楽器科卒業、卒業時に武岡賞受賞。卒業演奏会、読売新聞社主催新人演奏会に出演。第2回世界マリンバコンクール入選、第9回日本クラシック音楽コンクール第1位なしの第2位受賞、第5回 JILA 音楽コンクール第2位受賞、第17回日本打楽器協会新人演奏会においてグランプリを受賞等、受賞歴多数。
 マリンバ及び打楽器を岡田知之、百瀬和紀、上野信一、新谷祥子、安倍圭子、相原啓子の各氏に師事。後進の指導の他、各地でのライヴ、コンサート、海外公演、CD レコーディング等に多数参加しており、これまでに NHK-FM への公開生出演、NHK 朝の連続テレビ小説、土曜ドラマ、大河ドラマ等の音楽レコーディングに参加。
 マリンバとパーカッションのグループ「minimums」、「Phonix」、「フォーライフ」メンバー。国立音楽大学附属中学校高等学校打楽器科講師。

服部恵(はっとりめぐみ)

福岡出身。4歳よりピアノを、12歳より打楽器を始める。東京芸術大学卒業。1999年・2000年、福岡県高校文化連盟主催ソロコンテストにおいて、2年連続グランプリ受賞。2007年、ブルガリアで行われた打楽器国際コンクールDuo部門において1位なしの2位を受賞。特別賞受賞。
 久石譲ピアノスト―リーズコンサートツア-、NHK番組「The☆Star」の久石譲の特集にて共演、TV出演。2008年日本テレビ開局55年記念企画「アナウンサーコンチェルト」にて、音楽指導、TV出演。2010年にメキシコのチアパスにて行われたフェスティバル「MARIMBISTAS2010」に日本代表として、招待演奏。2012年イタリア国際打楽器コンクールVibraphone部門にて1位受賞。飛鳥Ⅱ・Sun princesなど豪華客船の国内外クルーズに乗船、演奏披露。ももいろクローバーZなどのレコーディングに参加、さまざまなアーティストのCD、テレビ番組の音楽、映画などのレコーディングに参加。フリーパーカッショニストとしてクラシック・Jazz・Pops・ラテンなどジャンルを問わず活動中。最近はVibraphone奏者としても活動の場を広げている。 布施明55周年ツアーの演奏メンバー。

ホームページ  http://percussion-meg.jimdo.com/
Twitter: megpermeg

パーカッション・トリオ【ブルートーン】演奏曲

Copacabana(コパカバーナ)

  • マリンバ:木次谷紀子
  • ビブラフォン:服部恵
  • パーカッション:荻原松美

言わずと知れた名曲の、後藤郁夫氏によるおしゃれラテンアレンジ!
メロディとベースを担うマリンバ、ビブラフォンとパーカッションのアドリブソロが聴きどころ。

The Ice Cream Suite Rag

  • マリンバ:服部恵・木次谷紀子
  • ウォッシュボード:荻原松美

マリンバアンサンブルのために書かれた軽快なラグタイム。コミカルなウォッシュボードをフューチャー!

マリンバ・スピリチュアル

  • ソロ・マリンバ:木次谷紀子
  • 締太鼓、チャンチキ:服部恵
  • 長胴太鼓、びんざさら:荻原松美

1983年末から84年始めにかけ、当時アジア・アフリカで進行中だった悲惨な飢餓を思い、前半はその犠牲者たちへのスタティックな「魂鎮め」、後半は「魂振り」を願って作曲された。
ダイナミックかつ繊細なマリンバ・ソロ、そして和太鼓の緻密なアンサンブルと大胆なアドリブソロをお楽しみください。

撮影日:令和2年12月16日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 8 =